タクシー

人材難で大きなプレゼントも

東京でタクシー乗務を希望した時には、とても素敵プレゼントが用意されている会社が出て来ています。大手会社を含め、今多くのタクシー会社では乗務員の確保にいろいろな作戦を練っているからです。支度金の用意は当然ながら、勤務地の近くには寮なども用意してある所もあり、至れり尽くせりの会社もたくさん出て来るようになりました。タクシー利用客は年々増加傾向にあるのですが、タクシードライバーを希望する人が少ないことも、募集に関して多くの条件がみられることになってしまうのでしょう。また希望者が少ない理由に、意外と稼げないと言う話しが世間に広まり他の業種を考える人が多くなってしまったことも関係あると考えられます。

休日の多さで満喫する私生活

タクシードライバーになると働き方を選ぶことで、大きな収入を得ることも可能になります。体が慣れるまでキツク感じることになる隔日勤務を選ぶと、休日が230日にもなる計算となり、休みが一杯取れることが出来ます。基本的な募集には書いてありませんが隔日勤務を選ぶことで、一ヵ月のうち11日か12日乗務するだけで良く、週休二日以上の待遇を得ることも可能になります。朝乗務を開始した後は、翌日の朝3時までが勤務時間になり、長時間勤務となりますが、その間でも十分に休憩を取ることも許されていますので、体調管理も十分に行うことが出来ます。

シフト管理はしっかりされている

隔日勤務をタクシードライバーの特殊な勤務体系ですが勤務シフトがキチンと管理されていることで、規則正しい生活も可能となっています。収入よりも趣味や家庭への時間が欲しいと言う人にとっては、働きやすい環境になることは間違いなく、プライベートを楽しみたいと考える人には嬉しい働き方となっています。他の会社を退職され、第二の人生をタクシードライバーでと言う人にとっても選ばれやすい仕事と思われます。年金生活だけでは不足と言う人には、昼間のみの仕事も選ぶことも出来、募集を見る際には確認をしておくと良いでしょう。

歩合給の良さを知る

東京などで募集されるタクシードライバー職の給与は、歩合制が基本と考えて良いでしょう。募集時には詳しく書かれることはありませんが基本給はごくわずかかしかなく、歩合で働くと考えることの方が良いと思われます。会社によって割合は違うかも知れませんが、売り上げの50%とか60%と言う割合で支給されることが多いとされます。この割合で換算した場合でも、東京のドライバー年収は400万円を超えるとされているのが現状で、仕事上手なドライバーは年収800万円も超えると言われるまでになっています。またタクシードライバーの人が収入を多くしようとする場合には、夜間のみ勤務と言う方法も考えられます。夜間になると距離の長いお客さんが多くなることが収入源となり、体力に自信のある人はこの夜間勤務を希望することが多いとされます。ドライバーさんの勘も大事なことになり、どこにお客様がいるのかと言う場所の把握が非常に大切な仕事と言って良いでしょう。

広告募集中